スポンサーサイト   はてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
プリクラを95枚撮った。   はてなブックマークに追加
2009-06-21 Sun 18:48
タイトルは嘘じゃないです。1つの機種のプリクラを大量に撮りまくるバイトに参加させて頂きました。
誘ってくれたのは同じ事務所の売れっ子だった千絵さんです。
気分転換にイイ感じでした。
グラフィック0620036 グラフィック0620016
グラフィック0620091 グラフィック0620032

ここにあるのはもちろんの写りが良いのを抜粋して載せています。
普段はこんな(※閲覧注意)感じなんで。
千絵さん?ああ、あの人は最強なんでどれも完璧に決まってるじゃないですか。
最近のプリクラ機は性能がPhotoshopとタメ張れるくらい凄いです。そろそろフォトショで言うところの「ゆがみ」機能が実装されても良いような気がします。
私もその恩恵に肖り、また一つ詐欺師に近付けたような気がします(-人-)なもなも。

ただ本当はもっと撮らないといけない予定が、後半は時間がなかったのとお客さんが増えたことで思う通りに撮影(笑)が行かず、結果16シートの95ショットに終わりました。
楽しかったです。事務所入ってたときに比べてふとましいショットが増えたのが悩みの種ですが、勉強に支障が出なければもうどうでも良いような気がしてきました。
プリクラを95枚撮った。…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 文字 | コメント:7 | トラックバック:0 |
蚊とイソギンチャクに刺されると夏は楽しめない。   はてなブックマークに追加
2009-06-21 Sun 18:08
蚊鳥風月の季節がやって参りました。蚊に刺されすぎて凄いことになってます。
奴らは本気だ。本気で潰しにかかってきやがる。虫除けスプレーあるじゃないですか。あれを散々ふりかけても、かけ残したところを刺しに来るんですよ。
昨夜なんか猫がいつの間にか部屋に入ってきてたみたいでドアの隙間から大量に敵が押し寄せてきていたらしく、爆睡した次の朝起きたらそこはただの生き地獄でした。
私はもうダメだ。きっとフィラリアになって死ぬんだ。一体私が何したって言うんだ。掻き毟りすぎて腫れてる!腹と腕が特に凄い!と思ったらこれは脂肪だった。死にたい。
せっかく最近ようやく集中力が鍛えられたと思ってたのに、痒くて痒くてもうそれどころじゃありません。
心頭滅却すれば火もまた涼し、なんて言葉はきっと半分死んだ状態にいる人間の言葉です。熱いもんは熱いんだよ!実際、その言葉を残した禅宗のお坊さんは焼死しています。
偉人の辞世の句にケチつけるなんざ正気の沙汰じゃありません。本当にごめんなさいでもそのくらい痒い。煩悩じゃなくて本能が痒い部分をかきむしりたい衝動に駆られるくらい痒い。
しかも周囲を取り巻く温度は暑いし患部をかきむしりながら夏バテする様はさながらリアルバイオハザードです。ババーン!! キャー

私はイライラしたりストレスが溜まると何故か部屋の掃除を始めます。この痒みと暑さはストレス以外の何ものでもないだろう!!
というわけで、久々に水槽の水換えをしようと中を覗いてみたところ、そこは見るも無惨な世界になっていました。


4月水槽

↑が2ヶ月前の画像、↓が現在の画像です。

掃除前


いや確かにどっちも酷い水槽に変わりはないんですが、本当に私のセンスばっかりはどうしようもありません。たすけて下さい。
それよりもここ2ヶ月の間に謎の赤い海藻のようなものが猛威を奮うようになっていました。
確か硝酸塩が残っている水槽ほど海藻が育ちやすい、みたいな話を聞いたことがあります。多分同じようなものだとは思います、が、それにしてもこの生長はないわ…。
しかも笑っちゃうくらい汚い。
どっちも白く濁っていますが、上の2ヶ月前の画像は水換え直後で埃が舞っている状態です。
一方、水換えもしてないのに濁りっきりの水槽は、苔と埃と謎の粒子でとんでもない状態になっていました。。
これは虐待疑惑がかけられてもおかしくない。
で、ガラス面の苔をこそぎ落とし半ば慌てて水換えを行いました。
そこまでは良かった。

次に私はハタゴイソギンチャクのいる水槽に手を付けたのですが、とんだ油断をしていました。
イソギンチャクは刺胞毒を持っています。特にハタゴイソギンチャクは刺胞毒が強いと言われていて、刺されると蚊より厄介です。
死ぬわけじゃないんですが痛みと痒みが同時にきます。しかも程よいビリビリ感がちょっとした恐怖を煽ります。
なんでそんなこと知ってるかって、たった今刺されたからに決まってるじゃないですか。
何だこれ痛い!痒い!

090617_1838~0001

刺された手です。本当は手の甲を全面的にやられていたんですが、局地的に痒かった真ん中あたりを少しガリガリしたらこんなに真っ赤になりました!(追記:と、思ったけど改めて画像見るとそんなに真っ赤じゃなかったよ!)
どのくらい痒いか具体的に言いますと、
痒すぎてピアノやタイピングに支障が出る感じです。
蚊なんてかわいいもんですよ。たかが20ヵ所以上刺されようが放っておけば辛うじて気にならないレベルなはずなんで…。

蚊には全身をメッタ刺しにされ、癒しの水槽からはトドメをさされ、こうして私は猛暑に対して猛烈な憎しみを抱く結果となりました。あれなんかこころもいたい。
本当にイソギンチャク飼ってる人は気をつけて下さい。検索してみたらイソギンチャクに刺されてアレルギーのようになる→水槽に手を入れるときはゴム手袋必須、みたいな事態もあるみたいなんで。。
とりあえず先の水槽は少しマシになりました。

現在


追記なんですが、この記事を書いて数日後の今は痒みも痛みもありません。
ただ、痒すぎて掻き毟った部分が最後まで痛痒く、赤みも引きませんでした。
ハタゴイソギンチャクに刺されても掻かない!触らない!泣かない!
私はこれで何とかなったけど万人共通ってわけでもないみたいです。刺されないようにするのが一番ですね。
別窓 | MyAquarium | コメント:0 | トラックバック:0 |
松岡修造のような暑いハートを持ったモデルになりたい。   はてなブックマークに追加
2009-06-13 Sat 21:00
殺伐とした日々の生活の中で、久しぶりに家族以外の人間とまともな会話をしてきたような気がします。
事務所が一緒だった友達と久しぶりの再会を果たしました。
3時間ちょっとしか会えなかったけど、砂漠のように荒れ果てた心に一滴の潤いにも似た充実感を過ごすことができて今とても満足です。

モデルとしてあまりたくさんの仕事を経験したことはないのですが、この道を訪れる人は意外と多く、そして諦める人も多いような気がします。
私も半ばそんな感じですが、彼女は独自の知性とプロポーションを武器に日々邁進しているようでした。
そんな彼女が羨ましくもあり、微笑ましくもあり、そして悩ましくもあったのはちょっとした秘密です。
ついノリでブログ教えちゃったし今日のことを書きたいとも言っちゃったけど、内緒は内緒なんでこっそりここに記したいと思います。

私が悩ましいと思う原因は彼女の服装にありました。
私の身長はモデルだった?にしては160前半と、正直胸張って「モデルやったことあります」なんて言える高さじゃありません。一方彼女はヒールなしの状態で30度は見上げる高さです。
何が言いたいかというと、私の視線は必然的に彼女のセクシーな洋服のちょうど胸元にいくわけで、それはそれは気恥ずかしさと罪悪感と充実感に始終悩まされたのです。
一応補足させて頂きますと、これは決して私が重度の変態というわけではなく、ましてや自ら望んで彼女の胸元の谷間を眺めたわけではない事をここに断言させて頂きます。
確かに彼女は美乳でした。が、それ以上に「モデル」という職業に対しての会話が白熱している中で、「ゆりかちゃん、D?」なんて唐突に聞けるわけがありません。
というのは半分冗談で、実際は胸より脇の方に豊満な脂肪の付いている身として同性に対する憧れを認識しただけに過ぎず、男性のいう性的な意味合いはこれっぽっちも含まれてません。その証拠に、私は彼女の乳を触ってもいなければ、もいでもいません。
私にもちゃんと理性があるのです。それに女の乳なら誰でも良いわけでもありませんし、自ら望んでおっぱいを見たいとも思いません。ただの曲線です。でも私が女で良かったとも思います。合法的に美人の友達のおっぱいを見れて幸せでした。だから私は全然大丈夫です。
「将来的に考えるとモデルという職のリスクは大きい、そのリスクを侵してまでモデルを人生の通り道にするメリットはあるのか」と真剣に考える頭の側で、浅ましく目の前の光景を焼き付けようとする前頭葉が恨めしくもありました。
私が男なら人生の通り道のこの行為自体が完全にアウトでした。男の人って視線の先まで責任を持たないといけないんですね。

そんな感じでお互いの時間はあっと言う間に過ぎ去り、とにかく目標を掲げて頑張るというお互いの意志を約束し帰路に着きました。
全くその意志がこの記事に反映されていないような気がしないでもないですが、状況を振り返ることでモチベーションは上げられたと思います。
モチベーションだけに止まらず、友達に日記に書いちゃうことを報告しておきながら、何でよりによってこんな内容なんだろうとも思います。
前回痴漢云々の話を書いておきながら、何で今、加害者側の立場にいるような気がするんだろうとも思います。
次会うときは土下座するので、訴訟は勘弁してほしいです。もうなんというか生きててごめんなさい。
別窓 | 文字 | コメント:2 | トラックバック:0 |
こういう体験は、ステータスと話のネタになったりする   はてなブックマークに追加
2009-06-07 Sun 06:30
巷で有名になっている痴漢されたと思わしき女性が激怒している動画を見ました。



女の人の迫力が異常に怖かったのが印象的です。
私は結構な頻度で電車を利用しますが、電車内で痴漢に遭ったことはありません。まぁ田舎だしね。
これは決して私が女らしくないからとかそんな理由じゃなくて本当に田舎だからです。絶対そうです。

ただ一度だけ痴漢に近い被害に遭ったことがあって、その場所は電車ではなく駅近くのブックオフでの出来事でした。
その日は祝日でATMが休止していてお金がおろせず、帰りの電車賃が捻出できずに泣く泣く親に迎えの連絡を入れたところ、「ご飯食べてから行くからその間反省してろ」と3時間近く待ちぼうけをくらった夜10時くらいのことです。
所持金が500円をきっていて本当に涙目になりながら寄ったのがブックオフだったのですが、いい感じに面白い漫画と巡り合い、反省も忘れ夢中になって読んでいました。

そこはちょうどレジが見えない場所で、そこの列には10人くらいの立ち読み客がいました。
しばらくするとちょっとみすぼらしい感じのおっさんが私の左側で漫画を読み始めたのですが、おっさんの挙動がいちいちおかしいと言うか、どうも落ち着いてない様子だったんです。
「あーもしかして私の前にある本棚に取りたい本があるのかな」と思い、少し横にずれたところ、おっさんは確かに私の前にあった本を手にとりました。
しかしやっぱり挙動がおかしく、パラパラめくっては棚に戻したりで、結局やっぱり隣に寄ってきます。
そこで私は「あーもしかして私の前にある本棚に取りたい本があるのかな」って感じでまたズレると、またおっさんが寄ってきて、私は「あーもしかして私の前にある本棚に取りたい本があるのかな」って感じでまたズレて、おっさんが寄ってきて、ついに私は元いた本棚の位置から軽く2メートルは移動していたのですが、そこで右側に別の立ち読み客の人がいたのでイタチゴッコをやめました。
それでも寄ってくる。寄りすぎて接触している。一体何がしたいんだろう。漫画は面白いし、正直ここで退いてしまったら負けな気がする。痴漢だとか全く考えずに漫画観賞に耽っていました。そのときは、ただ隣におっさんがいることでページがめくりにくかったのがウザい、としか思っていませんでした。

で、10分くらいしてだんだん接触の面積が広くなっていたことと、このおっさんがようやく体だけじゃなく下半身を擦り付けていることに気付き、びっくりした私は漫画を読むどころじゃなくなってしまいました。

今思うと本当に頭が真っ白になっていたんだと思います。
「とにかく知らないフリをして漫画の続きを読もう」と全く解決になっていないどころか、現実逃避も甚だしい考えを思い付き、即座に自分にノリツッコミするという謎の思考展開を見せたはずなのに、本当に漫画を読むのを再開していました。
さすがにそれは20秒も続かなかったと思いますが、それから何だか物凄いムカついてきて、「せっかく私が読んでた場所を明け渡してやったのにその親切心に気付かず、挙句に痴漢とな!」みたいな理不尽な怒りが沸きあがり、私は舌打ちしながら携帯電話を取り出したのです。
特に誰かと連絡を取る、とは考えず、いつものメモ癖でとりあえず現状を携帯に記録しておこう、と思っていました。完全に頭が可哀想なことになっています。
するとおっさんは慌てて本棚に本を戻して去っていったんですが、そこでようやく恐怖心というか、「え、やっぱりこれ痴漢だったの?」と気付きました。
そう認識した途端に鳥肌がぶわーっとなり、「捕まえりゃ良かった・・・」とか「もっと早く注意すりゃ良かった・・・」とか改善策という名の後悔が私を襲いました。

とりあえず痴漢は逃げ去ったわけですが、その後何故か私の後ろにある本棚にいた全く関係のない男の人が私の隣に来て
「さっきは怖かったねー。大丈夫?また来ないように隣にいてあげようか?」と何故か声をかけてきました。
嬉しかったんですが、私は漫画の続きが読みたかったので、「ありがとうございます、でももう大丈夫です」と丁重に辞退し、再び漫画を読み始めました。
正直、今思うとあの場には何だか気まずい空気が流れてたような気がしないでもないですが、何度も言うようにその時は本当に頭が真っ白になってたらしく、謎のお兄さんが何故今更声をかけてきたんだとか、そもそも見てたんだったら助けろよだとか、本当に全く思い付きませんでした。

正直、あの痴漢のやり方は卑怯だと思います。というか痴漢は卑怯だと思うんです。
もっと堂々と触ってくれれば、私もすぐに気付いたはずだったし、ヒールで思いっきり足を踏んづけてやることもできたはずなのに、漫画に夢中になっているのを良い事にさり気ないボディタッチのような痴漢を行われたら、私は何もアクションを起こせずに触られ損じゃないですか。それに犯罪です。

本当に痴漢というものはいつ起こるか全く予想できず、たまに妄想で痴漢を撃退するシーンを想像して悦に浸る程度だったので、実際に起こると全く何もできませんでした。日頃の妄想も全く役に立ちませんでした。
私は気が強い方なので、相手も痴漢できるターゲットに私を選ぶことはないだろう、と過信していたのが、咄嗟の判断が遅れた原因だと考えています。
女性の方は本当に気を付けて下さいね。
別窓 | 文字 | コメント:5 | トラックバック:0 |
本当に普通の日記   はてなブックマークに追加
2009-06-03 Wed 19:58
すいません。5月31日の記事は気持ち悪いくらいテンションハイで本当にすいませんでした。
何かとてつもない狂気に当てられて思いっきり身内寄りの記事になってしまい申し訳ありません。
マジキチと言われれば返す言葉も御座いません。
読み返してて一体私は何をやっているんだろうと思いました。
そしてそんな恥ずかしい記事を書いた矢先にカウンターが1000を越えてました。
本当にすいません。
ブログ村に登録前は1000人越えたら1000人記念で何かやってやろうと思ってて、登録したらあっさり越えてました。
ですので何も考えてないし誰も期待してないと思うので本当に何もやりません。本当にすいません。
バチが当たったのか何なのか、最近お腹の調子が悪く吐き気まで催すようになり、今日はついにジョギングできるような状態じゃなくなり病院へ行ったところ、オート下痢症という大変不名誉な症状を頂きました。
素で全自動の何かだと思ったら、「オート」ではなく「嘔吐」なのだそうで、嘔吐下痢症と言うのは頭までやられてしまう恐ろしい症状なのだと痛感しました。
てっきり肛門括約筋が力を失い、【ここから先は自重しました】
普段は多少下痢だろうが、日頃の食生活が偏っているのでさして気にも留めていなかったんですが、今回ばっかりはちょっとヤバかったみたいです。
アミノ酸だったかデンプンだったか、とにかく何かを注射することになり、私は看護士さんの方を見ました。

すごく・・・大きいです・・・。

あまりの針のぶっとさに心拍数が上がりました。撃たれたときは目を瞑ってたんですが、ふと見てみると注射器の中で血が混ざりあっていて「あ、綺麗・・・」なんて呟いて気を失うかと思いました。
誰かにうつされたのかも、と言われたんですが全く心当たりがありません。
人ごみの中を歩いたわけでもないし、外出と言えば図書館へ勉強に行くくらいで至近距離で接した人はコンビニの店員さんくらいです。
体育会系で商店街の八百屋さんばりにでかい声で接客していた彼が、まさか嘔吐下痢菌を持っていたなど俄かに信じ難いです。
ブログ書くくらいなら大人しく寝てろよと思うかもしれないですが、結構すぐ起きちゃうんだね、仕方ないね。
絶対安静と言われたので安静中はダラダラ過ごせると思えると少しだけ救われました。
とりあえず図書館が本の整理で15日以上休館らしいので、ナイスタイミングだとも思います。
ところが先程この間の模試の結果が返ってきました。マーク模試でE判定とか久しぶりに見たよ。
嘔吐下痢症なんてぬか喜びだったんだね、仕方ないね。・・・すいません、やっぱり勉強します。
そんなことまで考える私はもう何か本当にすいませんでした。だるいけど元気です。

幸せだね
別窓 | 文字 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ひろきー、だいありー。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。