スポンサーサイト   はてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
電離できたらどんなに楽なことか。(都合のいい分子だけ)   はてなブックマークに追加
2008-11-12 Wed 23:39
団体様個人のお客様

最近飼い始めた、ルリスズメダイです。
ルリスズメダイというのは本来、オスの呼称らしく、メスはコバルトスズメダイと言うそうです。
私の飼っている5匹もコバルトスズメダイと言うのですが、ルリスズメダイの呼び方の方がメジャーなのでそちらでいかせてもらってます。
どっちかっていうとコバルトの方がいかついイメージあるからこっちの名前の方がオス向きじゃね?とも思ったんですが、うちにやってきた5匹の男らしさを見るとどう見てもコバルトで大当たりのようです。

こんな瞬間移動できる魚初めて見たってくらいすばしっこくて元気です。
最初で最後のツーショット
ところが最近になって1匹の様子がおかしくなり、他の魚からも虐められていたので、フグ太用の水槽に隔離していました。
最初はフグ太水槽に5匹入れたらフグ太がビビりまくってあからさまに元気ないですオーラを出していたので、まだ他の魚を入れるのに抵抗はあったんですが、いや、あったらあんなに簡単に投入しないですよね。嘘ついてすいません。
ともかく今度は成功したらしく、フグ太も病気ルリもお互い無関心。
たまに見つめあっても何もせずにすれ違うし、2匹良い感じに寄り添ってたりしていたので、それを少し微笑ましく思いつつ、約1日。

ありがとう

私の祈りと力及ばず、あんなに元気だったルリスズメを1匹、死なせてしまいました。

(´・ω・`)


悲しみに沈んでいる暇があったら良かったんですが。
次の日、または今日とも言う日にいつものように水換えしていると、同じような症状のルリが・・・。
なんで?これは何かの兆候?ルリスズメがデバスズメに進化するのか?
とにかく理由があるはずだ。水換えしてるから亜硝酸値は問題ないはずだけど一応やってみよう。

そういうわけで、亜硝酸値を測りました。







あそうさんs
亜硝酸値とは亜硝酸塩NO2の1ℓ中の量を数値化したものです。
上のよくわからん定規もどきのみみずが引いてある図のように、濃度があがれば色が付く測定キットがあるんです。
アクアリウム初心者には必須の測定キットで、水槽を立ち上げたばっかりのうちは、測定キットに願掛けし、アンモニアを呪い、空気中のニトロソモナスやニトロバスターなどのバクテリアを崇拝して、人工的な海を作ります。
そして、今回もキット様の出番となったわけです。
ま、フグ太飼ってる間はほとんど色が付くこともないくらい平和だったし、さっき水換えしたばっかりだし、問題ないだろうけど、一応ねー。
面倒くさがってたらアクアリスト失格だ!どれどれ、ほんわかピンクでも拝んでやるぜ。



そこはすでに地獄変

あれ。
これって・・・軽く北朝鮮越えましたね。
なんか後ろでちょろちょろ流れる水換えの音が虚しく激しい。
詐欺写メを如何にそれっぽく撮るかが私が携帯カメラを撮影する上での鉄のお約束だったわけですが、そんな鉄をも亜硝酸は分解してしまったようです。
みるみるうちに真っ赤になっていくそれは、まさに海と毒薬

み、みず・・・・・・


~約1時間後~
そこには元気に泳ぎ回る青魚たちの姿が!!
本当は急激な水換えは良くないだとかソルト溶けきってないかもしれないだとか、そんなの運転してて事故を起こしちゃって怪我人がいるのに携帯でお母さんに「110番に電話してええ」って頼むようなものだ!
短時間のうちに半分以上の大規模な水換えを行い、ちょっと色の良くなったルリ達の前に、気分の良くなった私は再びキット様を手に取りました。
長かった戦いは、ようやく幕を下ろそうとしていた・・・。



前回→あそうさんs←水換え後


この違いが貴方にわかるだろうか!!!
私には全くわかりません!!
誰か助けて!!!!
別窓 | MyAquarium | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<善悪二元論のとばっちりを受けた魚たち | ひろきー、だいありー。 | 自作プロテインスキマーを作りました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろきー、だいありー。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。