スポンサーサイト   はてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
つめ。   はてなブックマークに追加
2008-10-17 Fri 23:34

深爪ができない?
指を立ててピアノを弾くと、確かに音の通りも澄んでるような気がするんですが、私はいつも爪の音まで混じってしまいます。
切っても切っても爪が当たらない場所までなかなか切れず、無理やり切ると絆創膏生活の人生を送っていました。そのくらい爪先が皮膚と密着してます。
それが毎回ネックで、小さい頃習ってたピアノの先生からも「爪切ろうね」、コンクールの偉い人の評価も「爪の音が気になる。68点」、同じクラスだったピアノが上手な子からも「爪切ったら?」(これがまた何故か異様に悔しいんだ)、更には風紀検査でも「爪切ってないやろ~?」って…。
確かに本当に切ってない日もあったでしょう。でもピアノを弾く人にとって爪の音ほど憎いものもないでしょう。
でもね、
『ピアノ奏者の爪の音≒猫がガラスを引っ掻く音』
だよ!!爪切らなかったのは左手の小指の爪を伸ばすと願いが叶うっておまじないやってたときくらいだよ!!
私がいい感じに指が太くなるまで、小さい頃から爪がゴツい形をしてるのが気に食わなかったです。
でも最近は爪を伸ばすとこのゴツみが柔らかくなるので、ショーや撮影が近い日は伸ばすようにしています。
最も事務所辞めたから最近はパチパチ切ってるんですが。
別窓 | 文字 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<世の中の天然パーマに対する偏見は異常。まるで頭がくるくるぱーだと頭の中身もくるくるぱーであるかのような扱い。謝罪と賠償をs | ひろきー、だいありー。 | ひょんなことからミドリフグを飼うことになりました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろきー、だいありー。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。