スポンサーサイト   はてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
決めポーズが憎い。   はてなブックマークに追加
2008-09-11 Thu 23:59

だから今日もせっかく美容室で綺麗にカットしてもらったんですよ。
なのに少しも綺麗なヘアーと言うのが感じられない写メが撮れました。私の顔が悪いだとか携帯が悪いだとか画質が悪いだとかそんなの関係ねえ。そうだよ、皆顔なんて点が3つあれば顔って認識できるんだから私は悪くないんだ。私は悪くないぞ。
だって私は美容師さんからの職務質問に予め考えておいたテンプレート通りに会話をすすめ、始終和やかにカットを終わらせようと努めたんです。でもここまではよくあることです。私の陰毛ヘアーを一網打尽にした縮毛強制に守られた髪を軽くブローさせるはずが、最終的にはアイロンまで持ち出すはめになったくらいで、ちょっと美容師さんが半ば躍起に髪の毛を巻いてたなんて、よくあることです。
なんか複雑そうな顔をした美容師さんを尻目に私はご機嫌でした。

何故なら美容室まで行く途中、時給いくらだかのキャッチの人が「あ、ども、お疲れさまっす。いや~ちょっとお水っ毛がないお姉さんだなぁと思ってねえ」と声かけられたかと思ったら別のおじさんが「ちょっとお姉さん!」とこっちに来て「お疲れ様です、興味ないです」とにこやかに返答したら「えー?これからどこ行くの?ちょっと化粧崩れてるけど(笑)」と最強の捨て台詞を吐いて去って行かれたりとかして、ナイーブな私は「スイーツのハートもキャッチできねーのに仕事キャッチなんかできるわけねーだろキャッチャー舐めんなよ。ついでに化粧はさっき家を出るとき(※PM7時半)一応丹念に化けたんですがマジで崩れてるわけ?いや、あれは負け犬の遠吠えだ。きっとストレスでイライラして心にもないこと言っちゃったんだよね。だから化粧崩れてないよね?大丈夫だよね?」と不安になってしまいました。
それどころか、やっぱりみすぼらしい格好だからね、と半ば開き直ってたので、美容室でリアル劇的ビフォわーやってもらえてちょっとご満悦だったというわけです。

気分が乗ると女は写メを撮りたくなる。そんなものだ。だから私は美容師さんがどっか行ったのを見計らって自分の写メを撮ろうと思ったのです。今日はナルシストが容認されつつある社会だと言うじゃないですか。でも私はシャイなんで、こっそり撮ることにしたんですよ。

私の携帯のシャッター音は「YEAH!!…ぱしゃ」ってやつなので、最初の「YEAH!!」のタイミングのみスピーカーを指で押さえとけば、「YEAH!!」を聞かれることなくナチュラルに写メが撮れる仕組みになってます。
ここまで計画通り。いざシャッターボタンを押さん!とノリノリでカメラを構えました。

パシャシャシャシャシャシャシャシャシャ

うわああ携帯ぶっ壊れたとパニックになった私は決めポーズも決め角度も決めスマイルもだったのに一転、ゴリラの形相と化し、慌てて携帯のディスプレイを見たのです。
それは連写モードで、私の決め顔が崩壊する瞬間を鮮明に描写していました。
そして向けられる、周りからの視線。
「と、撮りましょうか…」と声をかけてくれた男のスタッフさんは空気読めてるのか吸って吐いてるだけなのか。
携帯はやっぱり人がいない場所か人ゴミ溢れる街中で撮るべきです。できればシャッター音を携帯の代わりに叫んであげると得点がアップします。
今日も私は家に帰り、奇跡の一枚を生み出さんと試行錯誤するのでしょうか。ボケーツ(笑)

別窓 | 文字 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ひょんなことからミドリフグを飼うことになりました。 | ひろきー、だいありー。 | タイトルなし>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろきー、だいありー。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。