スポンサーサイト   はてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
歌ってたらしい。無自覚で。   はてなブックマークに追加
2008-09-01 Mon 14:05



8月24日に優,得,覆さんのショーに出てきました。
コラボをやっていたとかで、ブランド名が優,得,おもちになってました。
15分の間に6回着替えないといけないとか色々と限界に挑戦したショーだったんですが、何よりもびっくりしたのはその選曲でした。ミク…?こ、これはボーカロイドだー(*゚д゚*)

私、このブランドのモデルで良かったっす。












  1. もってけ!セーラー服

  2. ハレ晴レユカイ

  3. 貴方と、合体したい。

  4. God knows...


珍しく自分でも満足のいくショーになりました。
やっぱり好きな曲なんだからどうしても成功させたかったし。

ショー自体は大成功を収めたと勝手に思ってるんですが、そこに至るまでに涙を呑むようなサスペンスストーリーがあったので書いておきますね。

その日も相変わらず暑い、特に汗っかきの私はリハーサルが1回終わるごとに滝汗で、衣装の湿度が私のだけやたら高い状態にありました。
待ち時間の間、熱源である私はクーラーを求めて右往左往していました。スイングになっていたので天井を見上げながら3歩歩いて3歩下がるの一進一退を繰り返し行っていました。
炭水化物を食べてなかったせいもあってか頭の中はクソ蒸し暑いお花畑状態で、私がなんとか横隔膜を上下させる生命力があったのは、ある希望を待ち侘びていたからです。

そう、ダイエット解禁を意味するお昼ご飯を。
ところが、リハが終わりショーが終わり、お客さん達が帰ってしまった後も、ついにお弁当が届くことはありませんでした。
私たちモデルの最大の楽しみでしかも命の源でもあるお弁当が来なかったんです。
お弁当が出るって言うから二つ返事でショーに出るって決めたのに!!
他のモデルさん達はわからないですが、私はショーの1週間前は摂取カロリーを1000kcal以下に抑えるようにして、前日は飲料系で過ごします。
脂肪のついた体を少しでもマシに見せるための最後の悪あがきです。
だから当日の昼食とかはまさにdead or aliveで、暇を見つけては出入り口を凝視して、お弁当を担いでくるスタッフさんを今か今かと待ち侘びていました。



本番前
「ま、どうせ来ても本番まで食べれないし今は本番に向けて集中しよう。心頭滅却すれば火もまた涼し。あ、でもちょっと摘み食いくらいはしたかったなー」



終了後


   │   ノ_|__  _|__┌‐┐ ┌‐┐\   /  /\  /\ ヽ    /
   人   __|___  /|    | └‐┤ .\ |           |  /
  /  \ . __|___ / |   丿   /    \ヽ    ○   ノ ./









半死半生でようやくお弁当が来たのは、一旦解散して場所を移して打ち上げしよっかと言うところ。
それで私が控え室でお留守番をしていたとき、ショーのスタッフの先生にバッタリ遭遇。
お弁当がない旨を伝えると先生がお弁当を探し出してきてくれたというわけです。先生ありがとう!1万年と2千年前から待ってたよ!
血の涙を流すところだった私は控え室に一人でいるのを良いことに、狂喜乱舞でお弁当の袋を開けた…。


…ほ、ほっともっととな…?

おにぎりが…2つ…?


きっとこれはモデルのお腹が膨れないよう、気を使ってのチョイスだったのでしょう、そう言い聞かせる私の視界はどう見ても涙目でした。
不純な動機でモデルを引き受けてはいけない。良い教訓になりました。

別窓 | 文字 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<携帯からテストです。 | ひろきー、だいありー。 | ぽーにょぽーにょぽにょ、ぎょじんのぽーにょ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろきー、だいありー。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。