スポンサーサイト   はてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今だから言えるセブンのバイトの話。   はてなブックマークに追加
2009-04-26 Sun 00:00
そう言えば一人暮らしをはじめた友達は、電子ピアノを購入して3時間ぶっ放しで弾き続けたようです。その余裕と才能と集中力が羨ましいぜ。
私なんて小学校の頃は練習なんて一度もやらずに週一のピアノのレッスンで成長したようなものでした。おかげで未だ完璧に弾ける曲がありません。
でもあの頃はなんか知らないけど賢かったなぁ。懐かしいなぁ。
バイトしてた頃も懐かしいなぁ。最近では私もすっかり懐古主義者です。
バイトで思い出したんですが、一時期K口くんというヘタレがいてですね、とりあえず彼のプライバシーを侵害しない程度に名前を伏せておきたいと思いますが、実は彼がまた面白い人で、そのときの日記を見つけたので、ネタもないし晒しちゃうことにしました。

書いたときの日付:2008年7月(文法的に日本語になってない部分を多少改悪しました)

私のバイト先にイケメンの新人がきました。
その名もK口くん。はにかんだ顔がめっちゃ可愛いちょい松岡充似のイケメンです。
一見女の子の扱いに慣れていて、いかにも私が苦手とするリアルが充実してそうな人種に見えるんですが、どうやら全然そんなことないらしいです。
「今日も宜しくお願いします」「質問よろしいでしょうか」「今日はありがとうございました。お疲れ様です」などなど、とても礼儀正しいし、容姿を褒められても超謙虚な好青年。
それはそれで女の子に絶大な支持がありそうなK口くんなんですが、彼には最大の欠点がありました。
あまり人を馬鹿にするのって好きじゃないんですが、オブラートもなしに包み隠さず人の印象を挙げるって相当勇気がいるんですが、この話をするのに必要な印象なので仕方なく述べますが…

彼はアホです。

何かある度に説明を求めてくる、それはとても良いことです。
進路相談で「人にものを教える職業はやめとけ」と切に言われた私でも良ければ、何度でも教えちゃうよ!って感じです。
もちろん決して私に非はない。あったとしても説明が壊滅的に下手くそな程度の欠点で、それは相手にコナン並の読解力さえあればなんとかなる問題です。
ところが彼には決定的に理解力に欠けている青年のようでした。
「品出しして下さい」とお願いしても気付いたら掃除してる。「掃除して下さい」と言っても気付いたらレジにいる。反抗期だとか天邪鬼だとか、ってレベルの話ではないんですよ。凄く素直な人なのでそれはない。
これまでにもドジっこさんのバイトの方々や、それはもう色々なお客様とお会いしては冴えたツッコミで切り替えしてきた私なので、多少のDQN耐性はついてると自負しています。自慢です。

ところがK口くんはそんなの関係ない。
「品だし終わりました!」って元気に言ってくるので確認しに行ったら、確かに新しく来た商品の品出しは終わっている。だけどな、既に店に保管してある在庫を入れないでどうする。
「掃除終わりました!」ああ、箒で掃いたね。でもな、拭かないと取れない汚れもあるんだよ。あとゴミ落ちてるよ。
たかがバイトの分際で何偉そうなこと言ってんだ、って社会人の方ならまだしも学生さんでも思うはずです。でもツッコミ、時には叱らないと私が店長に叱られる立場だったんですよ。どっちかと言うとボケたい方の人間であったので、K口くんに対しては日頃輝くツッコミのキレが失われつつあったのです。もうね、大問題。

で、その日は珍しく落ち込んでいて、「なんでこんなところでバイトしてるの?」とお客さんに多分嫌味半分で言われ、そのときは笑顔で「貴方に会うためですよ^^」と我ながらナイスな切り替えしで見事私のファンを増やすことができたのですが、後になって『本当に何やってんだろう、私』と何故か落ち込んでしまい、しかもそんなときに限って1万円の違算が発生し、その発生した時間帯が見事私と彼でシフトに入っていた間の出来事で、トラブルメーカーと言われる私が原因である可能性とか寸分の視野にも入れず、彼のあまりのアホ・・・天然ぷりに私は店長の前で「あんのバk口めえええええええ」と言ってしまいました。
そしたら店長、「そういうことは言っちゃいけないよ。その発言で人間性を疑われるようなもったいないことはしちゃいかん。っていうかそれならお前のがry」と優しく諭してくれて、私は大分馬鹿以上に醜い人間になったもんだと気付かされたものです。
それからは彼は彼だと思うようにし、彼と同じレベルで接すれば良いだけの話だと多少自責の念に駆られつつ深く反省しました。
まぁその後本人の目の前でも言っちゃったんですけどね。「次お客さんに袋いらないですか、なんて口利いたらバk口くんって呼びますからね!」と。衝撃的だったのはバk口くんと言われたときの彼の反応がすごく嬉しそうだったことです。

このままだと何かただ悪口を羅列する日記になってしまうところなんですが、もうとにかく彼はアホな分優しいんですよ。それにカタコトな丁寧口調ではあるんですが、はにかんだ顔がガチで可愛かったのでおばさん達にも好評でした。良いことです。
それでもまぁ仕事ができなきゃ意味ないよってことで、彼と一緒にシフトに入る日は楽しかったんですが徒労も結構ありました。ちなみに彼は最後まで宅急便の取り扱いができませんでした。

ある日、トイレの様子を見に行くとそこそこに汚れていました。当時店のトイレにはhirokiオリジナルの広告が貼ってあり、便器に跨って踏ん張る目の前に不気味なデザインのひよこがしたり笑いをしている、という素敵な位置にチラシを貼っていたのですが、そこにデザインの一環で書籍のジャンルを羅列させてた枠があったんです。
・医療・ゲーム・ペット・ファッション・音楽・などなど・・・みたいな。
で、特に狙ったわけではなく、そこに「SF」って書いてたんですよ。
回りくどい書き方をせずに単刀直入に申し上げますと、私の書いたジャンル「SF」はジャンル「SEX」へと書き換えられていたのです。一体何を言ってるのかさすがにわかると思います。
某巨大掲示板は便所の落書き、と言われる光景がまさに実現された瞬間でした。

まぁ前々から予想はできていたので、本当にやる馬鹿もいるんだ・・・と多少面白い気持ちになりながら、さして気にもせずトイレ用のモップに手をかけようとしたのですが、「あいつに仕事まわせ一人ですんじゃねえカス」という店長の有難いお言葉を思い出し、めんどくさいのも相俟ってトイレ掃除は彼に任せることにしました。
ついでに「SEX」はまぁ本のジャンルとして間違っちゃいないし、本棚にも青テープ貼って堂々と売ってあるしそのままにしておきました。

で、10分以上して(長ぇ)トイレ掃除を終えてきた彼は複雑そうな表情でレジへ戻ってきたんですよ。
無言で手を洗うK口くん。「トイレ汚れてたでしょー」と明るく声をかける言葉を翻訳すると「テメー、2時間に1回で良いからトイレを覗く習慣つけようね☆ってあれだけ言っといた結果がこれだよ!!!」という禍々しい叱責になるのですが、私は優しいのでそんなことは言いません。
するとK口くん、「あの、壁のチラシあるじゃないですか、あれってhirokiさんがかいたんですか?」と聞いてきたんです。
待ってましたとばかりに「そうなんですよ!もはやトイレであることが申し訳ないと思うくらいめちゃくちゃ良い広告でしょう!」と鼻息を荒くして彼に問いかけると「いや・・・」とさりげなく否定されました。ひどい、ひどい。
物凄く何か言いたげな彼のオーラはさながら子犬のようです。ああもう本当に子犬だったら良いのにっつーか彼はいつになったら子犬のような観賞用店員でなくなるんだろう、ちゃんと間違いなく品出ししてくれるんだろう。

きっと彼は本のジャンルの「SEX」欄に物凄くつっこみを入れたかったんだろうと思います。買い被りとか抜きで私に気を使って言えなかったのでは。
でもな、もうSEXって言葉で興奮していいのはうまい棒や豚めんを買っていく中学生までなんだよ。あ、7時になったから私そろそろ休憩します、その前にトイレ行ってきますね。確認の意味も含めてね。

そしてトイレへ行ったわけなんですが、まぁよく頑張った方だなぁと思いつつこっそり手洗い周辺を洗っておいたんです。
そしてそこで目についたのが例のSEX広告なんですが、SEXの文字が前回見たときより明らかに薄くなっています。なんとちゃんと「SF」と見えるようになっているんです。
これはどういうこっちゃ。目を凝らして見ると、SFの上に油性ペンで書かれていたSEXの_X部分がボールペンのようなもので擦り取られているようでした。
おお、これはどこかの宇宙が子孫繁栄の行為に書き換えられたのを削り取ったおかげで未来が救われた、という一連の流れが一見してわかる。さすがにこれは何を言っているのかわからないが、何がしたかったかはわかる。これはヤツだ。
彼は私がSEXと書かれた広告を見て傷つくと思ったんでしょうか。
それで「あのチラシを作ったのは~」と聞いてきたのは私が落書きのことを知っているかさり気なく確認していたんじゃなかろうか、と。なんか知らんが謎が解けた!そんなくだらねえことやってないで仕事して下さいよ仕事。でもまぁたまにはK口くんの好きなエヴァの話してもいいよ。

ぶっちゃけ見直しました。
それからは「あー肉揚げるのめんどくせぇ」「逃げちゃ駄目だ!」「私がサボっても代わりがいるもの・・・な?」「・・・わかりました」くらいには仲良くなることができたのでした。めでたしめでたし。


と、思ったらやっぱり彼はヘタレだった。
あの事件から数週間後、暢気に出勤してきた私に店長から「ばっくれやがった、あいつ」という悲痛な知らせが!
やっぱり彼はヘタレだった。
やっぱり彼はヘタレだった。
やっぱり彼はヘタレだった。
おかげでモデル云々を理由に減少傾向にあった私のシフトは逆に増えた。増した。憎んだ。
店長は「あんのバk口がああああああ」って言ってた。店長、そんな人間性を疑われるようなこと言ったらいけませんよ。最近の小学生でもそんな馬鹿と名前を掛け合わせたような文句言いませんって。言っちゃいけないですよ店長、もういい大人なんだから。
でも全面的に同意します。本当にありがとうございました。
別窓 | 文字 | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<for mobile | ひろきー、だいありー。 | 最近チャームさんが冷たいです。>>
この記事のコメント
こんにちは。

ずいぶん大人っぽくなったプロフィール画像 (´∀`*)ポッ
ほいで水槽購入ええなぁ~。
おいらのトコ給付金まだでないし。
おいらがもらえる保証はないしw
それにしても生体の箱がすっぽり納まる水槽。
大きそうですね。フグ太も喜ぶべ。
K口チェアマンのことは触れないでおこうw
2009-04-26 Sun 17:13 | URL | ケンシロウ #Tksic3..[ 内容変更]
Re: タイトルなし
ケンシロウさん
こんにちは!ケンシロウさんのとこに何回もコメントしてるのに禁止ワードで弾かれます!
どこのブログでもよく弾かれて涙目なんですが、なんか卑猥なキーワード入ってますか?
プロフィール画像は前回から1ヶ月くらいしか経ってないはずなんですがw
意外と奇跡の1枚が少なくて困ってます。
私のところも結局フグに給付金が渡りましたからね。フグんとこは景気良さそうです。
なんか勘違いされるけど私は何だかんだ言ってK口くんのことは好きなんですよ!愛ですよ、愛w

あ、あとコルトさん元気にくっ付いてるので水槽の調子良かったら送り付けたいのでメール下さい。
2009-04-27 Mon 01:52 | URL | hiroki #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-27 Mon 22:27 | | #[ 内容変更]
Re: タイトルなし
ケンシロウさん
おおおありがとうございます。
ていうかこんなにスパム来てたんですね(´゚д゚`)
コルトさんが大丈夫かどうかは水槽と相談して
水槽「おk」
って言ってたら甘えていいんだと思いますよ。
2009-04-29 Wed 16:56 | URL | hiroki #-[ 内容変更]
こんにちは。

コルトさんの件は(・o・)ゞ了解!
色々条件付でお願いすることになると思いますw
その時まで大切に育てておいて下さい。
2009-04-30 Thu 22:26 | URL | ケンシロウ #Tksic3..[ 内容変更]
ケンシロウさん
そうなんですか?
なんか無理矢理押し付けるみたいで逆にすいません(´Д`;)
いつでも待ってますよ。
2009-04-30 Thu 22:37 | URL | hiroki #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろきー、だいありー。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。