スポンサーサイト   はてなブックマークに追加
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
こういう体験は、ステータスと話のネタになったりする   はてなブックマークに追加
2009-06-07 Sun 06:30
巷で有名になっている痴漢されたと思わしき女性が激怒している動画を見ました。



女の人の迫力が異常に怖かったのが印象的です。
私は結構な頻度で電車を利用しますが、電車内で痴漢に遭ったことはありません。まぁ田舎だしね。
これは決して私が女らしくないからとかそんな理由じゃなくて本当に田舎だからです。絶対そうです。

ただ一度だけ痴漢に近い被害に遭ったことがあって、その場所は電車ではなく駅近くのブックオフでの出来事でした。
その日は祝日でATMが休止していてお金がおろせず、帰りの電車賃が捻出できずに泣く泣く親に迎えの連絡を入れたところ、「ご飯食べてから行くからその間反省してろ」と3時間近く待ちぼうけをくらった夜10時くらいのことです。
所持金が500円をきっていて本当に涙目になりながら寄ったのがブックオフだったのですが、いい感じに面白い漫画と巡り合い、反省も忘れ夢中になって読んでいました。

そこはちょうどレジが見えない場所で、そこの列には10人くらいの立ち読み客がいました。
しばらくするとちょっとみすぼらしい感じのおっさんが私の左側で漫画を読み始めたのですが、おっさんの挙動がいちいちおかしいと言うか、どうも落ち着いてない様子だったんです。
「あーもしかして私の前にある本棚に取りたい本があるのかな」と思い、少し横にずれたところ、おっさんは確かに私の前にあった本を手にとりました。
しかしやっぱり挙動がおかしく、パラパラめくっては棚に戻したりで、結局やっぱり隣に寄ってきます。
そこで私は「あーもしかして私の前にある本棚に取りたい本があるのかな」って感じでまたズレると、またおっさんが寄ってきて、私は「あーもしかして私の前にある本棚に取りたい本があるのかな」って感じでまたズレて、おっさんが寄ってきて、ついに私は元いた本棚の位置から軽く2メートルは移動していたのですが、そこで右側に別の立ち読み客の人がいたのでイタチゴッコをやめました。
それでも寄ってくる。寄りすぎて接触している。一体何がしたいんだろう。漫画は面白いし、正直ここで退いてしまったら負けな気がする。痴漢だとか全く考えずに漫画観賞に耽っていました。そのときは、ただ隣におっさんがいることでページがめくりにくかったのがウザい、としか思っていませんでした。

で、10分くらいしてだんだん接触の面積が広くなっていたことと、このおっさんがようやく体だけじゃなく下半身を擦り付けていることに気付き、びっくりした私は漫画を読むどころじゃなくなってしまいました。

今思うと本当に頭が真っ白になっていたんだと思います。
「とにかく知らないフリをして漫画の続きを読もう」と全く解決になっていないどころか、現実逃避も甚だしい考えを思い付き、即座に自分にノリツッコミするという謎の思考展開を見せたはずなのに、本当に漫画を読むのを再開していました。
さすがにそれは20秒も続かなかったと思いますが、それから何だか物凄いムカついてきて、「せっかく私が読んでた場所を明け渡してやったのにその親切心に気付かず、挙句に痴漢とな!」みたいな理不尽な怒りが沸きあがり、私は舌打ちしながら携帯電話を取り出したのです。
特に誰かと連絡を取る、とは考えず、いつものメモ癖でとりあえず現状を携帯に記録しておこう、と思っていました。完全に頭が可哀想なことになっています。
するとおっさんは慌てて本棚に本を戻して去っていったんですが、そこでようやく恐怖心というか、「え、やっぱりこれ痴漢だったの?」と気付きました。
そう認識した途端に鳥肌がぶわーっとなり、「捕まえりゃ良かった・・・」とか「もっと早く注意すりゃ良かった・・・」とか改善策という名の後悔が私を襲いました。

とりあえず痴漢は逃げ去ったわけですが、その後何故か私の後ろにある本棚にいた全く関係のない男の人が私の隣に来て
「さっきは怖かったねー。大丈夫?また来ないように隣にいてあげようか?」と何故か声をかけてきました。
嬉しかったんですが、私は漫画の続きが読みたかったので、「ありがとうございます、でももう大丈夫です」と丁重に辞退し、再び漫画を読み始めました。
正直、今思うとあの場には何だか気まずい空気が流れてたような気がしないでもないですが、何度も言うようにその時は本当に頭が真っ白になってたらしく、謎のお兄さんが何故今更声をかけてきたんだとか、そもそも見てたんだったら助けろよだとか、本当に全く思い付きませんでした。

正直、あの痴漢のやり方は卑怯だと思います。というか痴漢は卑怯だと思うんです。
もっと堂々と触ってくれれば、私もすぐに気付いたはずだったし、ヒールで思いっきり足を踏んづけてやることもできたはずなのに、漫画に夢中になっているのを良い事にさり気ないボディタッチのような痴漢を行われたら、私は何もアクションを起こせずに触られ損じゃないですか。それに犯罪です。

本当に痴漢というものはいつ起こるか全く予想できず、たまに妄想で痴漢を撃退するシーンを想像して悦に浸る程度だったので、実際に起こると全く何もできませんでした。日頃の妄想も全く役に立ちませんでした。
私は気が強い方なので、相手も痴漢できるターゲットに私を選ぶことはないだろう、と過信していたのが、咄嗟の判断が遅れた原因だと考えています。
女性の方は本当に気を付けて下さいね。
別窓 | 文字 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<松岡修造のような暑いハートを持ったモデルになりたい。 | ひろきー、だいありー。 | 本当に普通の日記>>
この記事のコメント
痴漢アカン。
と、何処かの地方警察署の標語ような見出しですが。

噂によると奥サン。痴漢の人達が集まる車両が
都市圏にはあるらしく、ワラワラいつの間にやら集まられて、
しまいには王蟲に奉られるナウシカのような
神輿状態になってしまうらしいです。怖いデスネー。(途中より捏造

多分ですけど、後で声をかけてきた男もおんなじ
痴漢仲間じゃないのかしら、と思った。
男って最低なイキモノよ( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー
2009-06-07 Sun 11:47 | URL | cafedokuo #-[ 内容変更]
痴漢コワイ
私はむしろ幼女時代(?)にしか痴漢にあったことがないです。
昔からぷにぷにしてたしマニアック受けする容姿だったのかもしれません。
全くステータスにもなってない自分語りすみません。

痴漢恐いですよね。
でも声をかけてきた男がものすごく怪しすぎて私は十中八九とまではいかなくても六七くらい仲間じゃないかと思います。
あと気持ちはすごくわかるんだけど、堂々と痴漢してくる奴なんて多分いないと思うw


さぁ、じゃあ一緒に2次元への道を探そうか。
2009-06-09 Tue 00:25 | URL | ゆきみづき #o/PXu/q6[ 内容変更]
Re: 痴漢アカン。
>cafedokuoさん
タイトル・・・すごく・・・うまくないです。
痴漢の集まる車両ですか。それは良い同人誌のネタになりそうですね。
ていうかマジでそんなんあるんだとしたら怖すぎます。
やっぱり引きこもり最強だと思いました。

えええええええ痴漢仲間ですかww
ただのナンパかと思ってました。っていうか痴漢だとしたらあまりにチキンすぎます。
お兄ちゃん全然触ってないしそのまま立ち読み再開しちゃうし、あの空間は痴漢以上に気まずかったです。
でもそれを聞いてよかったです。これで心無く引きこもれます。


>ゆきみづきちゃん
ょぅι゛ょ時代とかけしからんですね。大体男性の人ってょぅι゛ょを神聖化しすぎな気がします。
私のょぅι゛ょ時代は、うんこを漏らしたらいかに言い訳するかとか、川に泳いでる魚は食べたら美味しいのかとか、公文式のプリントをどこに隠そうかとか、とにかく男性がょぅι゛ょに求める純真無垢な姿と1ミリも重なりません。

っていうかやっぱりグルなんでしょうか。コメ欄で指摘されて始めて気付いたことなんでちょっとビックリです。
さっきまで必死に痴漢に遭わないためにパンツに何を仕込もうか考えていました。
画鋲や剣山をお尻に仕込もう!と考えた時点でそしたら自分が座れなくなることに気付き、ちょっと落ち込んでます。

こうなったら二次元を極めるしかなさそうですね。
2009-06-09 Tue 06:19 | URL | hiroki #-[ 内容変更]
はじめまして
痴漢やだよね、かわいそうに。
とおもう一方で、そのときそのときの頭の中が詳しく書かれたひろきさんの素敵な文章力で笑ってしまったじぶんがいます、ゴメンナサイ
2009-06-10 Wed 19:15 | URL | ミューズ歌織 #-[ 内容変更]
>ミューズ歌織さん
あれは紛う事無き痴漢でした。
頭の弱さが滲み出た文章に笑ってもらえるなんて感無量です。
今回は笑い話になったから良かったものの、歌織さんも本当に気をつけて下さいね。
2009-06-13 Sat 17:28 | URL | hiroki #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ひろきー、だいありー。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。